「ありえない」の先に何かがある

週末blogはお手紙です。
ふたださとみです。


カウンセラーのお弟子さん仲間と、自分の悩みについてのセッションをすると、「自分の持っている思い込み」をゴリゴリとほぐしてもらえるので嬉しい。それはまさに、『「あり得ない」のその先』。自分にとっての「あり得ない」は、時に、あり得るのだ、と、優しく伝えてもらえる瞬間がいつくもあった。

自分で「あり得ないと思っていたけど、あり得るかも…」と何となく思うのと、実際に他人に「それもいいんだよ(ありなんだよ)」と言ってもらうのとでは、やはり違う。

あ、カウンセリングの醍醐味のひとつってこれなんだ、と思ったり。

例えば、

「相手との関係が悪くなるかもしれないから、相手に言うのはあり得ない」と思っていたこと。

仕事で、「自分のワガママかもしれないから周囲に言ってはいけない」と思っていたこと。

そして自分について、自分の「魅力」がまさかそこにあるとは。



それだけはない、と思っていたこと
もしかしたらあるかもね、と

それは良くない、美しくない、と思っていたこと
別の見方もあるかもね、と


それだけは言ってはいけないと思っていたこと
言ってみてもいいんだよ、と

私が隠したかったこと
それも魅力だよね、と

私は私
人は人

何かをする前に
何かを始める前に1人で決めつけないで

「自分にとってのあり得ない」のその先に、
いってみよう

ことばの呪縛を、ことばでほどく
素敵よね





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です