マンダリンオリエンタル東京で朝食を

冷たいお茶よりも温かいお茶が飲みたくなる季節になりました。
ふたださとみです。


マンダリンオリエンタル東京が好き。
これまでに、宿泊とスパとアフタヌーンティーと朝食で行った。
(〜2019年。以下に掲載する写真も全て当時のものです)


私の場合は…もう完全に「おのぼりさん」…。
読んだ本に、「いつか行ってみたい場所があったら、今行ってみましょう」って書いてあったし、「ホテルの素敵な空間で過ごすということ・それに至る過程、でセクシャリティが上がる(開く)」って聞いたし(聞かれてもいないのに言い訳)。

  
アフタヌーンティー 。


夏のアフタヌーンティー 。

いざ行ってみたら、「どうして自分がここに来たかったのかを、誰かに弁明する気持ち」なんて吹き飛ぶわけでした。

ただ、来たかったから。
ただ、また来たかったから。

高い天井。
おしぼりのいい香り。
ふかふかの椅子。
ヒールで歩いても心地よいフローリング。
居心地の良いお手洗い。
手を洗うときに、東京の景色が見える。


暑い季節の最初の一杯のアイスティー。
寒い季節のロイヤルミルクティー。


朝食で、エッグベネディクトが食べたかったから。


このホテルのラウンジで思い描いた、1人の(こじらせ)女子としての妄想夢は、これまで、ほとんど全部叶いました。1人の時は、周囲のキラキラ女子会に内心ビビリながらも、本を読んだり、景色を眺めて物思いにふけったりしました。以降、何度か利用させてもらい、去年、夫と2人で行った時には、スタッフの皆様からの「お帰りなさい」と書かれたメッセージがテーブルに置いてあって、家に持って帰って飾りました(笑)。


そう言えば、別のホテルの(ハイアットリージェンシー東京)、エレベーターで、超絶スタイリッシュなイケメンの外国の方と乗り合わせ、2人きりになり、


(で?)


(何も起きませんでした、超やっぱり)


降りる時、ドア押さえてくれるわ、さりげなくエスコートしてくれるわ、にっこり笑ってくれるわ、で、感激して、降りた後しばらくスキップで移動しそうになったのですが。新しいワンピースを着ていて良かった。

ここは「すみません」よりも「ありがとう」と言いたくなるわね…ああ…受け取るってこういうことなのね…

何じゃこりゃ、エレベーターに乗っただけでセクシャリティ爆上がりではないかー(当社比)

という思いを噛みしめながら、慣れないヒールでできるだけ女性らしく歩いた。

数年経っても時々思い出してニヤニヤしているし、こうしてblogにも書いてしまう。

また、自分の妄想を広げたい場所に行こう。

最近は喫茶店が気になる。喫茶店で女子会がしたい。
そんな夢。

ふたださとみでした。

今日のSFOタイトルは

 

行ってみたい場所に行って、妄想して、受け取ろう

でした。
「妄想」の使い方がどう考えてもおかしい。

SEOタイトルとSFOタイトルの違いはこちらです。
「主観と客観」、「カウンセラーブログ」を意識する練習をしています。

恋や仕事の「こうなったらいいな」を妄想するカウンセリング(2021年3月ごろまでは無料)の案内はこちらです。
そのうちマンダリンオリエンタルホテル ラウンジでもセッションできたら…(妄想)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です