こじらせ女子、「おまかせする」のが難しい

同じ時代に生きてくださっている、
大好きなあなたへ、ふたださとみです。


ブログ反応ボタン(自作)をぽちっとしてくださる皆さま、ありがとうございます。

通知が来るたびに「ひゃっヽ(´∀`)ノ」と声を出して喜んでいます。



「伊達巻を食べる時は、3個ぐらいで止めておくのがちょうど良い」と学んだ30代も終わりのお正月。
甘くて美味しかったけど、一気に食べるのはよくなかった。



前回

背景ピンクの吹き出しを使ってまで(使ってまで?)

年上眼鏡男子

(外食デートで何を食べたいか聞かれて一言)「別になんでもいいよ」

ifもしも
ふただ

私の好きなものでいいのかな…♡今日も優しい…♡うっとり…♡

といった感じで、

相手の言葉を、
都合よく愛ある前提で捉えてみたら良かったのかもと、

10年前の私を振り返っていたのですが。

ifもしも
ふただ

これ…
超おめでたい奴じゃね?

ifもしも
ふただ

勘違いしていたらどうする?

と、当時の私は考えていただろうな、と思ったのでした。


それに対し、今の私は、

ふただ
(アラフォー)

おめでたいぐらいで
いいんじゃない?


「私」は彼が好き。
「私」は、自分に幸せを許可している。

まず「私」がそう決めて、おめでたくいるのは素敵なこと。

「相手にどう思われているか」より、
「自分が自分のこと、どう思っているか」を見つめるのが先。

こじらせると、相手のこと見ているようで見ていないし、
自分ばっかりのようで、自分のことも見ていないし。

受け取れないし、プレゼントもできていないよね。
受け取りたいし、プレゼントしたいよね?

と、当時の私に声かけするかなあ、と。

ふただ(20代)
眼鏡男子好き

相手は、私を大切にしてくれているのかなあって、気になるところだよね…

ふただ
(アラフォー)

そう不安に思う時は、
「私が私を大切にする時」。

「私」が主語の世界に
意識を移してみたら?

究極、「相手のこと」は、
「私」には決められないと思うのです。

ifもしも
ふただ

私には決められない…。
「私は私、好きな人は好きな人…。」

でも、
ピンクの吹き出しの、
「愛がある前提で見てみる試み」も、
「決めつけ」では…?

え?私は、どこを決めたらいいの?

ふただ
(アラフォー)

「私が決めること」を「私」が決めます(①)
「相手が決めること」を「相手」が決めます。(②)
その先に起こることは、(③)

ifもしも
ふただ

起こることは…?何??

そしてその①②③っていう
ナンバリングが気になるぅ

ふただ
(アラフォー)

起こること(③)は、
流れにお任せ。
委ねます。


①を深掘りするだけで、
とっても楽しくて奥深いと私は思うのに。

ifもしも
ふただ

その、「委ねる」っていうのが難しいんだよね…
無理無理無理無理無理ってなるのよ。途中で。
だからね、最終的に占いを信じる。あと、女子トークで友達に脈あり判定してもらう。
そうやってガヤガヤしてるのが結局色々怖くなくていいのよ。

 


※占いを楽しむ方法はいくらでもあると思うのです。

このテーマは続きます。

ふたださとみでした。

自分がどう思っていても、「誰かのことが好きな自分はかわいい」って、知ってる?



LINEにて「幸せのおみくじ」プレゼントやってます。
「今の状況にジャストな言葉がきた!」とご
好評いただいています^_^

友だち追加



この記事への「いいね」「知らんがな」「続きに期待」などのボタンをご用意しています↓
ぜひぽちっと!!

↑ボタン用フォームが開きます。
自ら「いいね」ボタンを作るなんてどうなってるんだ、と思った方もぜひ、ぽちっ。
「知らんがな」ボタンなどもあります。
もちろん無記名でもポチッと可能ですヽ(´∀`)ノ