【恋愛も、仕事のようにコントロールしたかった】「わわわ」の渦の中で、ひらくもの

同じ時代に生きてくださっている、
大好きなあなたへ。
ふたださとみです。


甥っ子(4歳)が愛しいです。愛の塊で。
好きなものには好きと。
大好きだ、と、屈託なく伝えてくれる。

愛とかコミュニケーションについての、今の私のお手本は彼です。




—————–


自分が、「わわわ」となる瞬間が嫌い。

「わわわ」。

どうしていいのか分からなくて「わわわ」。
焦って、迷って、「わわわ」。
恥ずかしくて、「わわわ」。


もっとスマートに生きたい。

情報がたくさんあれば。
準備をしっかりしておけば。
頑張れば。
私がもっとしっかりすれば。
ちゃんと手順を踏めば。
相手の心をしっかり予想しておけば。

「わわわ」とならなくて、すむ。

全ては、「わわわ」を避けるために。


コントロールを失うのが怖い。



頑張ることは悪いことじゃない。
準備をすることも悪いことじゃない。
安心安全第一。

あらかじめ手順を確かめておくことも、時間の節約になったりする。

その分、自分の楽しい時間が増える。

いいことづくし…?

それでも時々やってくる、「わわわ」な瞬間に、

私は、

怒りや正論や、

「必殺・無理矢理サレンダー」で対抗しようとする。


「〇〇すべき」なのにしていない人のせい、とか。
間違ったシステムのせい。とか

大切な人の心も、しばしば「予想外」。
そんなのもう、知るか〜!(無理矢理サレンダー←まだまだ委ねきれていない)とか。



その怒りの下にある感情は、

恥ずかしさ。
悔しさ。
惨めな自分を見られない思い。



それは、その場における「嫌な余白」。

急いで埋めたい。

可及的速やかに埋めたい。

というか嫌な余白を埋めるの、これまで頑張ってきたから結構慣れている。
別の話題に流すか、忙しいからまたねと閉じるか、、



でも、
その余白でじーっとしていたら、新しく開く扉があるらしい

その扉の先には、私が、ずっと欲しかったけれど欲しいとは言えないものがあるらしい



(…武闘派女子にとっては、「おとぎ話に出てくる伝説」のような響きの話)。


いつだったか、パートナーとやり取りをしていて思ったことがありました。


相手がどうしたいのか分からない。
自分がどうしたいのかも分からない。
言いたいことがあるけれど言えない。
言うのが恥ずかしい。
聞くのも屈辱感。←何とかしがいのあるポイント


わわわ。

これはまずいぞアラームが鳴っている。
余白を埋めろアラームが鳴っている。


本当にどうしていいか分からない瞬間、

いつもなら、

「明日も仕事だし、今日も疲れたよね、じゃあ、またね」

とか何とか言って、その状態を終わりにするところでした。


その時、

「このまま、何も説明せずに、ここにいてみよう」と思いました。

その時、


恥ずかしい自分のこと、かわいいと思ってみました。

(※最初はこのように実験的な感じで、「試しにそう思ってみる」「そうするのがいいと聞いた」という感じでいいようだ)


するとそこに、

相手から、

期待以上、
予想以上、
相手の男性の普段の語彙力以上(失礼)


の、

嬉しい言葉の山がやってきた。


こちらが恥ずかしくなるぐらいのストレートな愛の言葉。

大事にしたいんだ、と。





恥ずかしがっている私のこと、大切にしたいと思うらしい。


武闘派女子としては、頭では分かるものの、イマイチざわざわする(しかしじんわり幸せ)。

恥ずかしさは敵。

好きな人にこそ見せない。

そう思ってきたから。

好きな人にこそ見せる。


「わわわ」の戸惑いの中でひらく扉があるらしい。
その先に、本当は欲しかったけれど、欲しいとは言えないものがあるらしい。

あなたも、どうか恥ずかしいままで。



ふたださとみでした。

好き好き



LINEにて「幸せのおみくじ」プレゼントやってます。
「今の状況にジャストな言葉がきた!」とご
好評いただいています^_^

友だち追加



この記事への「いいね」「知らんがな」「続きに期待」などのボタンをご用意しています↓
ぜひぽちっと!!

↑ボタン用フォームが開きます。
自ら「いいね」ボタンを作るなんてどうなってるんだ、と思った方もぜひ、ぽちっ。
「知らんがな」ボタンなどもあります。
もちろん無記名でもポチッと可能ですヽ(´∀`)ノ

【恋愛も、仕事のようにコントロールしたかった】「わわわ」の渦の中で、ひらくもの” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。