「ありがとう♡」よりは「すみません」が咄嗟に出る派【さらに幸せになるしかなくなる対話】

 

同じ時代に生きてくださっている、
大好きなあなたへ、ふたださとみです。


「しつもん」氏、がかわいいとのお声、
うれしく噛み締めています。
フリー素材の心臓イラスト。



※「しつもん」氏とは、古代ギリシアに生きた哲学者・ソクラテスが対話で用いていた「質問法」を、対話の中に取り入れることを目指しているキャラです。本名・「しあわせ・しつもん」氏。質問により、自分の持つ「思い込み」が浮き彫りになったり、全部まるっと嫌だと思っていたことにそうでもない一部があることを発見したり、自分の魅力を改めて思い知ったりすることを目的としています。「さらに幸せになるしかなくなる対話」に、こじらせ女子が臨みます。(↓)


——————-


好きな人が私に何かをしてくれた。その時、とっさの反応は…?


 

こじらせ女子
ふただ
(15年前)

あ、すみません、
ありがとうございます

です。

しつもん

「すみません」。

こじらせ女子
ふただ
(15年前)

なんかすみません。

しつもん

なんですみません?

ふただ
(15年前)

なんかすみません。

しつもん

(永遠に繰り返せる…?)
申し訳ない?

ふただ
(15年前)

うーん。
もう口癖だもんね。
深い意味はなくて。
でも申し訳ないのかなあ。

しつもん

うんうん。

ふただ
(15年前)

それがいけないというわけじゃないと思うけど、
ありがとう♡とか
ありがとうございます(にこにこ(^_^))って
できたらいいなとは思う。

しつもん

正解はないからね。
やりたいようにやったらいいよね。

ふただ
(15年前)

やりたいように。

しつもん

ありがとう♡とか
ありがとうございます(にこにこ)
って言ったら、
どんな気持ちになると思う?

ふただ
(15年前)

ちょっと…
柄にもないっていうか…
自分のことが気持ち悪い…かも。

しつもん

「自分のことが気持ち悪い」。
どんなところが気持ち悪い?

ふただ
(15年前)

気持ち悪いものは気持ち悪いんだけど…。

うーん…
素直になっちゃっているところ。
自分に自信があるっぽいところ。
受け取っちゃってるところ。
勘違いすんなよ、と思う。
自分で自分に。

しつもん

勘違い、ね。

素直になること

自分に自信を持つこと
受け取ること
を、
自分はしてはいけないと
思っているのかな?

ふただ
(15年前)

(なんか、ぐぐぐっと胸にくる…)
そうなのかなあ…

しつもん

答えを見つけなくてもいいと思う。

そうなのかもな、って
そういう視点もあるのかもな、って
少しだけ心に留めてもらうだけでも
いいのかなって。

ふただ
(15年前)

心に置いとく。

しつもん

うんうん。

で、

素直になりたい?
自信を持ちたい?
受け取りたい?

胸にぐぐぐっと来たのは、
我慢していることだから、
なのかもね。

ふただ
(15年前)

素直になったらどうなる?
自信を持ったらどうなる?
受け取ったらどうなる?

しつもん

どうなると思う?

素直になって何を表現したい?
自信を持って何したい?
何を受け取りたい?

 

 



続く。

ふたださとみでした。


素直になることの心地よさ、本当は知ってるのかもね。

素直になるのって難しいよね、の検討会議カウンセリングはこちらです。


ここで現れた「しつもん」氏は、

私がカウンセリングの中で少しだけ意識して取り入れている、

「ソクラテス(哲学者)の質問法」を実践しようとする人です。


私は学生時代から古典ギリシア語に興味があり、

ソクラテスの弟子であるプラトンの著作を原典で読みたいと思って

挑戦してきました。


(現代の世界で誰も話していない言語を習うとは…なかなかの変態…)



そこに出てくるソクラテスは、

とにかく「質問」をして、相手と対話を進めていきます。





ソクラテスの質問法については詳細を省きますが、

「自分の思い込みに気づい」たり、

「漠然とした大きな不安や寂しさの正体を見に」行ったりする

きっかけになると私は考えています。

 

実際のプラトンの著作の中でのソクラテスは、

「質問ぜめ」という感じですが、


カウンセリングでは、

あくまでも、


「少しだけその意識/質問の視点・角度を取り入れる」という感じです。



その他のワークと併せて、


(クライアントさんの)「さらに幸せになるしかなくなる対話」につながればと思っています。


 

 

 

 

 

公式LINEアカウントはこちら
無料で「自分をほどく言葉」をプレゼントしています。
カウンセリングのご案内もいち早くお届けします。