もう脊髄反射レベルで、ラブラブを許さない【さらに幸せになるしかなくなる対話】

同じ時代に生きてくださっている、
大好きなあなたへ、ふたださとみです。


仕事帰りに寄るコンビニは魅惑の世界。


前回の続き。

恋愛で、

好きになった相手に対して

なんかすみません



気持ち悪い

と感じることがよくあった、
こじらせ女子の私。


なんででしょう?

どうしてそう思うの?

という、

「しつもん氏」からの問い。

しつもん氏ってだれ



※「しつもん」氏とは、古代ギリシアに生きた哲学者・ソクラテスが対話で用いていた「質問法」を、対話の中に取り入れることを目指しているキャラです。本名=「しあわせ・しつもん」氏。質問により、自分の持つ「思い込み」が浮き彫りになったり、全部まるっと嫌だと思っていたことにそうでもない一部があることを発見したり、自分の魅力を改めて思い知ったりすることを目的としています。


——————-

 

こじらせ女子
ふただ
(15
年前)

「なんかすみません
(申し訳ない)」

「気持ち悪い」、
その奥にある思い込みとは。

しつもん

 「なんかすみません」
については、
前にも言ったように、

私なんかがすみません、
という気持ち。
自分にはその価値がない。
愛される価値がない。

そういう思い込み。

こじらせ女子
ふただ
(15年前)

確かに、
「私なんか」
 という言葉とは
親和性高く
生きています。

しつもん

(親和性高く
生きています…?)

その思い込み、
別の側面から見ると、

「私が幸せになってはいけない」
「私はいいから」

という思い込みかも。

こじらせ女子
ふただ
(15年前)

あ、それ、
なんか、
ちょっと、
かっこいいと
思うかも。

しつもん

そうね。

自立しているように
見える。

「あっしのことは
構わないでくだせぇ…、
あっしにはそんな資格は
ござません…」 ってね。

ふただ
(15年前)

急に
江戸っ子

しつもん

明確に
こんな風に
思っていなくてもね。

もう、
脊髄反射レベルだから。
思い込みって。

ふただ
(15年前)

 はぁ…

ふただ
(15年前)

 で、
「気持ち悪い」
については?

しつもん

相手のことを
気持ち悪いと
感じるとき、

実は
その前提として
自分のことが
気持ち悪い、

だから

そんな自分を
好きになる相手のことが
気持ち悪く感じる

場合もあるとか?

ふただ
(15年前)

小難しいです

しつもん

この世界で気持ち悪いと
感じるものは何?

ふただ
(15年前)

ゴキブリとか

ひぇぇぇぇ!
ってなります。

しつもん

ゴキブリが
大好きで
大好きで
一緒に暮らしている人がいたら
その人のことどう思う?

ふただ
(15年前)

うーんと。
好みは人それぞれ
ですけど…。

あの、
私は、
えと、
正直、
ひぇぇぇぇ!って
思います。
(ごめんなさい)

しつもん

んだな。
自分のこと、
自分はどんな人だと
思っているんだろう。

恋愛劇場の
登場人物である
自分を、
どんな人だと
思っているんだろう。

ふただ
(15年前)

もしかして。
気持ち悪いと
自分で自分のこと
思ってる?

「ひぇぇぇぇぇ」?
って?

しつもん

それに近い
可能性はあるね。

明確に
そんな風に
思っていなくてもね。

もう、
脊髄反射レベルだから。
思い込みって。

しつもん

男性に好かれることで
女性である自分が
意識される。

女性としての自分は
どこか気持ち悪い。

それを意識させてくる
相手の男性のことを
気持ち悪く感じるようになる。

とか?

ふただ
(15年前)

小難しいです

続きます。


ひぇぇぇぇ。

そんな自分、

好きな人に見せたくない。

そりゃあ妄想恋愛の方が

楽しいよなあ…

こじらせ…

続く。

ふたださとみでした。


怖れも恥も抵抗も、無価値感も罪悪感も、全部抱えて。
それでも誰かを好きな自分、きっとかわいいよね。


脊髄反射レベルの思い込みをほどくカウンセリングはこちらです。


ここで現れた「しつもん」氏は、

私がカウンセリングの中で少しだけ意識して取り入れている、

「ソクラテス(哲学者)の質問法」を実践しようとする人です。


私は学生時代から古典ギリシア語に興味があり、

ソクラテスの弟子であるプラトンの著作を原典で読みたいと思って

挑戦してきました。


(現代の世界で誰も話していない言語を習うとは…なかなかの変態…)



そこに出てくるソクラテスは、

とにかく「質問」をして、相手と対話を進めていきます。





ソクラテスの質問法については詳細を省きますが、

「自分の思い込みに気づい」たり、

「漠然とした大きな不安や寂しさの正体を見に」行ったりする

きっかけになると私は考えています。

 

実際のプラトンの著作の中でのソクラテスは、

「質問ぜめ」という感じですが、


カウンセリングでは、

あくまでも、


「少しだけその意識/質問の視点・角度を取り入れる」という感じです。



その他のワークと併せて、


(クライアントさんの)「さらに幸せになるしかなくなる対話」につながればと思っています。