私が嫌いな私の一部を頑張って隠す件【さらに幸せになるしかなくなる対話】

同じ時代に生きてくださっている、
大好きなあなたへ、ふたださとみです。


人が着ている、コートの後ろから出ているパーカーのフードに萌えるタイプです。



新キャラ「しつもん」氏が可愛いとのお声をまたまた頂いて、浮かれています。

浮かれるあまり、「しつもん」氏というカテゴリーを作りました。

反応をいただけるのが、本当にありがたい…。

※「しつもん」氏とは、古代ギリシアに生きた哲学者・ソクラテスがその対話で用いていた質問法を、対話の中に取り入れることを「目指している」キャラです。本名・「しあわせ・しつもん」氏。「さらに幸せになるしかなくなる対話」に、こじらせ女子が臨みます。(↓)

——————-


その昔、『「自分でも嫌いな、自分のダメなところ」を見られたら絶対に嫌われる』と思っていた。

こじらせ女子
ふただ
(15年前)

はー。
今日もつかれた。
デート緊張しかない。

しつもん

はいはい、こんにちは〜。
デート緊張するよねー。
お互いだんだん
慣れるかな?
これからが楽しみ?

こじらせ女子
ふただ
(15年前)

それはどうかなー。
このあと
1人反省会だよ。
諸々振り返って、
善処します。

しつもん

反省会って、
いつも自動的に脳内で
始まるって
言ってるアレかな?
善処って…、
デートは仕事か?

ふただ
(15年前)

そう、脳内で自動的に
始まるアレ。
仕事じゃないけど、
頑張って、
「目指せ愛され女子」なのだ。

しつもん

愛されたいの?
頑張るの?

ふただ
(15年前)

頑張るの。
愛されたいの。
そりゃあ、
愛されたいでしょう。
「愛される私」で
デートに行きたい
所存です。

しつもん

相手のこと、
好きなんだねぇ。
かわいいねぇ。
ところで、
頑張らないと
愛されないの?

ふただ
(15年前)

(…「ところで」の使い方が
エグい)

しつもん

頑張らないと、
愛されないの?
頑張ったら、
愛されるの?

ふただ
(15年前)

そうです。
「頑張り」万歳。
見せられない自分は
隠したい。

しつもん

見せられない自分ってどんな自分?

ふただ
(15年前)

一言で言うと、
「愛しにくい」のよ。
うんうん。
「愛しにくい」。

しつもん

愛しにくい。

誰が?
誰が誰を愛しにくい?

ふただ
(15年前)

私が私を。
あと相手が私を。
自分でも愛しにくいところ
なのに
相手に見せられないよー。

しつもん

相手もそう思うかな?

ふただ
(15年前)

普通そう思うと思う。

しつもん

それはどうかな…?

続く。

ここで現れた「しつもん」氏は、

私がカウンセリングの中で少しだけ意識して取り入れている、「ソクラテス(哲学者)の質問法」を実践しようとする人です。

私は学生時代から古典ギリシア語に興味があり、ソクラテスの弟子であるプラトンの著作を原典で読みたいと思って挑戦してきました。

そこに出てくるソクラテスは、とにかく「質問」をして、相手と対話を進めていきます。


ソクラテスの質問法については詳細を省きますが、

「自分の思い込みに気づい」たり、「漠然とした大きな不安や寂しさの正体を見に行ったり」するきっかけになると私は考えています。

 

実際のプラトンの著作の中でのソクラテスは、「質問ぜめ」という感じですが、


カウンセリングでは、あくまでも、「少しだけその意識/質問の視点・角度を取り入れる」という感じです。

その他のワークと併せて、(クライアントさんの)「さらに幸せになるしかなくなる対話」につながればと思っています。

 

 

続きます。

ふたださとみでした。

「普通」という言葉に異様に敏感なしつもん氏。
「それはどうかな?」と返してきます。
あと領域侵犯にも敏感。それは次回に続きます。