【自分の居場所が変わるとき】苦い気持ちを味わった分のギフトとは

同じ時代に生きてくださっている、
大好きなあなたへ。
ふたださとみです。


桜の咲き具合を
日々見守っています。



今まで慣れ親しんだ場所。
慣れ親しんだ人。
慣れ親しんだプロセス。

慣れている故に、

ちょっとした遊び心も足せる、

そんな余裕がある自分が、好き。


普段、

明確にそんな風に思っているわけではないけれど、

その場所を離れた時に、

慣れない場所に行った時に、

「あんなことができる余裕もあったのになあ、私」と

思う自分がいることに気づく。


住む場所を変えても、
働く場所が変わっても、
働くのを辞めても、
働き始めても、

誰かと付き合い始めても、
誰かと別れても、


「慣れない場所」

には少し心がざわつく。

楽しめたらいいけれど。

時に、

試練と感じられるような場所の移動/異動も起こるわけで。

時に、

楽しい思いだけではない、

苦い気持ちも味わうわけで。




そういえば、

一人暮らしを始めた時に、

すぐにカレーを作るのはおすすめしないって、

何かの記事で見たことがあって。

カレーって、あっという間に食べてしまうのです。

1人だとね。

食べ終わった後の静けさが、

心に大きく響きすぎて、

それはそれは寂しいから、と。


(でもそれにもすぐに慣れて、

むしろ1人で食べる方が楽しくていい、って

私は思うタイプだったようだ)



自分にとっての「新しい場所」で、


よく使う物のある位置も分からない。

その場所の「流れ」が分からない。

依存状態の自分。



前にいた場所が恋しい。

前にいた場所の自分が恋しい。



そう思っても、

どこにいても、

何ができても

何ができなくても、

自分の価値や魅力や才能は変わらないし

新しい場所での、

苦い気持ちはきっと、

大きなギフトを連れてくる。


後から見たら、

自分に新しい一面が加わる、

「アップデート」な変化

楽しみに。


苦い気持ちを解放して、その意味を紐解く
ミーティング(カウンセリング)、
こちらから。


ふたださとみでした。



変化の中で頑張っている自分へ。
またひとつ、魅力的になっちゃうね。