「がっかりされたくない」とき・好きな人の「期待」を感じると逃げ出したくなるとき【さらに幸せになるしかなくなる対話】

 

 

同じ時代に生きてくださっている、
大好きなあなたへ、ふたださとみです。


「この困りごと、しつもん氏だったら何て質問してくる?」というコーナー

を、始めたら、

さっそくつぶやきをいただきました!!

うれしいですー。


「しつもん氏だったら何て答える?」というコーナーではなくて、「何て質問してくる?」というコーナー、というところがね。ね。風変わりだわ。

つぶやきをいただいて、喜んでいます↓↓




※「しつもん」氏とは、古代ギリシアに生きた哲学者・ソクラテスが対話で用いていた「質問法」を、対話の中に取り入れることを目指しているキャラです。本名=「しあわせ・しつもん」氏。質問により、自分の持つ「思い込み」が浮き彫りになったり、全部まるっと嫌だと思っていたことにそうでもない一部があることを発見したり、自分の魅力を改めて思い知ったりすることを目的としています。


——————-

今回つぶやきをくださったのは、Rさんです。

便宜上、こじらせ女子・15年前のふただが会話に入ってきますが、
Rさん、どうかお気になさらないでください。



 

Rさん

しつもん氏へ
こんにちは。
いつも楽しく拝見してます。

好きな人にがっかりされたくないという気持ちが強すぎて、好きな人の「期待」を感じると逃げ出したくなったり、好きな気持ち自体が消えそうになります。すっごくざわざわしてつらいです。どうしよー。

しつもん

つぶやきをいただいて、
すごくうれしい。
Rさん、
ありがとうございます。

こじらせ女子
ふただ
(15
年前)

私まで
うれしいー!!

で、で、
何て質問するの?

しつもん

そうだね。

「がっかりされたら、自分はどうなると思ってる?」

しつもん

「期待」に応えなかったら
どうなると思う?

「期待」には応えないといけないと思ってる?

知りたいなぁ。

こじらせ女子
ふただ
(15年前)

なるほど。

Rさんは、

「逃げ出したくなったり、好きな気持ちが消えそうになる」と。

しつもん

逃げ出したい、というのは、
その状況が心地良くないってことだよね?

しつもん

好きな気持ちが消えそうになる、っていうのは、「好き」をやめたくなる、ってことだよね?

ふただ
(15年前)

だとすると。

Rさんが、
「すっごくざわざわしてつらい」というのは、

そこにいたいのに、
心地良くない、
だから逃げ出したい。


から。

しつもん

うむ

ふただ
(15年前)

そして、

「好き」でいたいのに
「好き」をやめたい。


から。

しつもん

うむ

ふただ
(15年前)

つらい。

しつもん

相反する気持ちに
引っ張られている状態と
見ることもできるね。

ふただ
(15年前)

どうすれば。

しつもん

これまでに、
誰かの期待に
応えられなかった(と思っている)ことある?
誰が思い浮かぶ?
誰をがっかりさせちゃった(と思ってる)の?

その時の自分、
どんな気持ちで、
どんなことを頑張ってた?
どんなことを我慢した?
そしたらどうなった?

そんなことも、聞いてみたいかなあ。

ふただ
(15年前)

(私は、
お母さんかな…)

しつもん

きっと、
期待に応えたかったよね。
がっかりさせたくなかったよね。

それはどうして?
愛されたかったから?
相手に喜んでほしかったから?

ふただ
(15年前)

(そのどっちもあるような…)

しつもん

相手に
がっかりされた時、
がっかりされたまま、
そこにいていいんだよ


って言われたら、
どんな気分?

しつもん

相手の
期待に応えられないまま、
そこにいて、
ただただ
たくさん愛されよう


って言われたら、
どんな気分?

ふただ
(15年前/今も)

ざわざわざわざわざわざわざわざわざわざわざわ

ふただ
(15年前)

本当にいいのかな、
という気分。

なんか悪いな。

平気な顔していては
いけないな、って。

楽しんではいけないな、って。

しつもん

自分に、
全面許可してほしい。

自分は自分、
相手は相手、

それ以上でも以下でもなくて。

ただの自分が、
ただの相手を
好きでいること。

ただの相手に、
ただの自分が
愛されること。

ふただ
(15年前)

かゆい

ふただ
(15年前)

そんな感覚、
うれしすぎて
はずかしくて
かゆい

しつもん

感想は、Rさんに聞きたいところです…!

ふただ
(15年前)

ぬぬぬ

しつもん

ありがとうございました!!

私へのつぶやき、絶賛待機中です。

続く。

ふたださとみでした。


何も、不足してないよ。




「がっかりされるぐらいなら、いなくなりたい」、そんな気持ちについての検討会議カウンセリングはこちらです。


ここで現れた「しつもん」氏は、

私がカウンセリングの中で少しだけ意識して取り入れている、

「ソクラテス(哲学者)の質問法」を実践しようとする人です。


私は学生時代から古典ギリシア語に興味があり、

ソクラテスの弟子であるプラトンの著作を原典で読みたいと思って

挑戦してきました。


(現代の世界で誰も話していない言語を習うとは…なかなかの変態…)



そこに出てくるソクラテスは、

とにかく「質問」をして、相手と対話を進めていきます。





ソクラテスの質問法については詳細を省きますが、

「自分の思い込みに気づい」たり、

「漠然とした大きな不安や寂しさの正体を見に」行ったりする

きっかけになると私は考えています。

 

実際のプラトンの著作の中でのソクラテスは、

「質問ぜめ」という感じですが、


カウンセリングでは、

あくまでも、


「少しだけその意識/質問の視点・角度を取り入れる」という感じです。



その他のワークと併せて、


(クライアントさんの)「さらに幸せになるしかなくなる対話」につながればと思っています。

 

 

「がっかりされたくない」とき・好きな人の「期待」を感じると逃げ出したくなるとき【さらに幸せになるしかなくなる対話】” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。