【想定の範囲外】「その手があったか」と思う日

同じ時代に生きてくださっている、
大好きなあなたへ。
ふたださとみです。


家で、カレー食べ比べをしようという話になり、グリーンカレーとバターチキンカレーとトマトのキーマ(全て無印食品)を買ってきて食べました。
分かったことは、グリーカレーは、あまり得意ではないということです。
何度も挑戦しているのですが、何度も敗北しています。


10代や20代の頃、
「ああいう仕事もしてみたいし」
「こういう仕事もしてみたい」と、
あれこれ夢を膨らませていた時代があって、
当時の私なりに挑戦をしてみたのですが、
その業界の会社の就職試験に全て落ちるという形で、

夢破れました。

ガックリでした。
絶望しました。

出版社に行ってみたかった。


でも、今となっては、

「夢が破れたように、その時は、思いました

と言うのがより正確ではないかと思います。


今の私も、30代の、まだまだ社会では「若造」のひとりですが、

そんな私でさえそう思います。


というのも、その時やってみたかったことが、

全然別の業界にいても、

当初描いていた形からしたら、「ささやかな形」かもしれないけれど、

ほぼ叶ったと今の私は思っているからです。

叶えてもらったな、と。

私の目線で言うと、

「その手があったか!!」です。

想定もしない形で、

「ここにそうハマるかー」という形で、思いが叶うこともあるんだと思いました。

私は、志望した業界とは全く違う業界で、

とある誌面の編集を担当することになり(偶然)、

共同著者の1人として本を出版する過程で、

編集者さんとやり取りしながら、本作りも経験させてもらいました(偶然)。




どこに住んだらライフワークが叶うだろう。
こっちもライフワークな気がするし、
あっちもライフワークのような気がする。
やっぱりあの土地であの進路に進んでおけばよかったかな。
もしかして、時間だけ過ぎていったのかな。
後悔しちゃうな…。

そんな風に迷う時も、

時には、一見、その思いが叶わないような展開になっても、

「まだ諦めなくていい」
「願っているままでいい」
「どちらも手に入れていい」
そう思ってみたら。

「その手があったか」と思う日を、信じてみたら。

流れに乗ってみたら。

どうなるかが、楽しみ。

だから、
予想もしないことが起こるスペースを、自分の中に空けておこう。
パートナーシップでも、きっとね。

ふたださとみでした。

コミットしつつも余地を残す在り方ってこと?もう少し考えてみよう。



LINEにて「幸せのおみくじ」プレゼントやってます。
「今の状況にジャストな言葉がきた!」とご
好評いただいています^_^

友だち追加



この記事への「いいね」「知らんがな」「続きに期待」などのボタンをご用意しています↓
ぜひぽちっと!!

↑ボタン用フォームが開きます。
自ら「いいね」ボタンを作るなんてどうなってるんだ、と思った方もぜひ、ぽちっ。
「知らんがな」ボタンなどもあります。
もちろん無記名でもポチッと可能ですヽ(´∀`)ノ