彼の気持ちは「彼以外に聞く」または「妄想する」からの撤退、の件【さらに幸せになるしかなくなる対話】

 

同じ時代に生きてくださっている、
大好きなあなたへ、ふたださとみです。


「しつもん」氏、がかわいいとのお声、
うれしく噛み締めています。
フリー素材の心臓イラスト。



※「しつもん」氏とは、古代ギリシアに生きた哲学者・ソクラテスが対話で用いていた「質問法」を、対話の中に取り入れることを目指しているキャラです。本名・「しあわせ・しつもん」氏。質問により、自分の持つ「思い込み」が浮き彫りになったり、全部まるっと嫌だと思っていたことにそうでもない一部があることを発見したり、自分の魅力を改めて思い知ったりすることを目的としています。「さらに幸せになるしかなくなる対話」に、こじらせ女子が臨みます。(↓)


——————-


好きな人(彼)の気持ちは、「カードをめくって分かる当たりか外れ」のようなもの、だと思っていた。


こじらせ女子
ふただ
(15年前)

恐怖!
彼に愛されているの、
それとも愛されていないの、

うまくいくの、
うまくいかないの、

どっちなの?
誰か教えて!

しつもん

はいはい、こんにちは〜。
誰か教えてって、
彼の気持ちは彼しか
分からなくない?

こじらせ女子
ふただ
(15年前)

(うぐ)

相手の言動からは
イマイチ
見えてこないのよね〜。

だからと言って、
直接
聞くのは無粋だし、

だからと言って、
こちらから
ほのめかしてみるとか
私には無理だし、

しつもん

うんうん。
彼には聞けない?
自分からは言えない?

ふただ
(15年前)

彼には聞けない。
彼以外の、周囲の人には
聞けるかもしれない。
自分からは言えない。

しつもん

彼に聞きたい?
言いたい?

彼に聞いたらどうなる?
言ったらどうなる?

ふただ
(15年前)

それを推測するのが〜、
た・の・し・い〜。

しつもん

いいねいいね。
楽しいの、いいね。

ふただ
(15年前)

そして推測するだけで〜、
ま・ん・ぞ・く〜。

推測の末、
上手くいかないだろうことが
分かったら、
「はいはい、終わり終わり」
って全回収・撤退しまーす。

しつもん

上手くいかないだろうことは
どうやって分かるものなの?

ふただ
(15年前)

長年の女子の勘よ。
ふっ。
脈ありかなしかを
判定できるの。

しつもん

女子の勘だと
相手の気持ちも
分かっちゃうってこと?

ふただ
(15年前)

(きたよ確認質問)
そう。
脈なしの時は、

「私、空気読みまーす。
お邪魔しましたー、
失礼しまーす」
って感じ。

脈なしだと分かると
それこそ
私の心も脈なし状態。
終わりだ。
だから撤退。

と言いつつ
相手の観察は
続けるのよ。

しつもん

「終わりだ」って
時々言うよね。

それでいいの?
自分としては、
どうしたいの?

ふただ
(15年前)

終わりなの…。

彼の気持ち次第で
天国か地獄なの…。

私、どうしたいか…?
うーん。

しつもん

彼の気持ち次第で
天国か地獄かと思ったら
恐怖に感じるよね。

ふただ
(15年前)

恐怖。
間違いなく恐怖。
からの
恐怖回避。
あらゆる角度からの推測、
その結果によっては
全回収、撤退。

自然な言動でしょう。

分かった。
私ね、恐怖を回避したい。
リスクを回避したい。
それが私のしたいこと。
…うーん。
なんかね。

「怖いことの回避が動機」
って言うのもね。
違うのかもと。

しつもん

違うのかもと?

ふただ
(15年前)

違うのかもと思う。

もっと、
わくわくする妄想も、
私、
してるんだよ。

でも。

しつもん

いいね。
わくわく。

でも?

ふただ
(15年前)

(「でも」聞き逃さない…)
でも。
でもね。
それは妄想に過ぎないから。

しつもん

上手くいかない妄想

わくわくする妄想、

自分の中で重みが違うような?
どうして?

ふただ
(15年前)

うまくいかないって、
どこかで信じてるから?

しつもん

そういう前提なのかな?
どうして?

ふただ
(15年前)

どうしても。

 



続く。

ふたださとみでした。


上手くいかない前提を、持っているとしたら。
そこはずっと、ファンタジーの中。

そんな恋愛の謎についての検討会議カウンセリングはこちらです。


ここで現れた「しつもん」氏は、

私がカウンセリングの中で少しだけ意識して取り入れている、

「ソクラテス(哲学者)の質問法」を実践しようとする人です。


私は学生時代から古典ギリシア語に興味があり、

ソクラテスの弟子であるプラトンの著作を原典で読みたいと思って

挑戦してきました。


(現代の世界で誰も話していない言語を習うとは…なかなかの変態…)



そこに出てくるソクラテスは、

とにかく「質問」をして、相手と対話を進めていきます。





ソクラテスの質問法については詳細を省きますが、

「自分の思い込みに気づい」たり、

「漠然とした大きな不安や寂しさの正体を見に」行ったりする

きっかけになると私は考えています。

 

実際のプラトンの著作の中でのソクラテスは、

「質問ぜめ」という感じですが、


カウンセリングでは、

あくまでも、


「少しだけその意識/質問の視点・角度を取り入れる」という感じです。



その他のワークと併せて、


(クライアントさんの)「さらに幸せになるしかなくなる対話」につながればと思っています。