これまでできなかったことを、やってみようという時に

新しく始まった石原さとみさんの医療ドラマ、
石原さとみさんのうなじまで美しいのでじっと見ていました、
ふたださとみです。

週末blogはお手紙です。
今まで私がもらったことば・見聞きしたたことばからひとつずつ。
誰かに届くといいなと思いつつ、何よりも自分に向けて書いています。

先日、カウンセラーの師匠である根本裕幸さんと右京みさほさんのイベント
参加しました(少人数で、それはそれは贅沢な会でした…色々質問させてもらいました)。
その会でわたしが必死に取ったメモの中で、印象的なフレーズ。

「最初からうまくやろうとしない」。

わたしはこのフレーズを噛み締めると、すごく楽になります。
今日はここから自分なりにイメージを膨らませて書いてみることにしました。


最初からうまくやろうとしない。

悩みや問題に向き合うあなたもわたしも、素敵。
自分の心の奥まで潜って、考えたり、
考えないようにしたり、
ただ気持ちを感じたり、泣いたり、恨んだり。
それだけで、すごい。

気持ちが少し軽くなって、癒されると、
新しくやってみたいことが出てくる。
これまでできないと思っていたことや
我慢していたことをやってみたくなる。

今のこのマインドなら、うまくいくかも。
そう信じるのも、いいこと。

でも、うまくいかなくてもいい。
最初からうまくやろうとしない。


「小さな試み」で十分だから、
何度も何度も何度も。
いくつもあるボールの最初の1個を
投げたつもりで。
どこに転がっていくかな〜と
楽しみにするぐらいで。

最初からうまくやろうとしない。

何よりも、ボールを投げられた自分を褒めよう。
よくやった。
いつもありがとう。


次回、「日本が小さい」というタイトルのブログかそうでないタイトルのブログを書きます。
何それ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です