和泉りょう香さんのカウンセリングを受けました

スタバの桃ドリンクを飲んで、幸せを感じました。9月は栗がテーマのドリンクのようです。
ふたださとみです。



昨日は、家族と一緒に今年最後の「夏休みな一日」を過ごして、行きたいところへ行って好きなものに触れて、ありがたい1日でした。以前に作った「自分が喜ぶことでBINGOを作る」、名づけて「ごほうBINGO 」で2列もビンゴになりました。



ウェーイ!!


————–

先月上旬、カウンセラーのお弟子さんの先輩の和泉りょう香さんのセッションを受けさせていただきました。
りょう香さんのホームページから、優しくて頼れるお姉さん、という雰囲気を感じたわたしは、その時に抱えていた「迷い」そして「背中を押してもらいたい気持ち」を思い切って伝えてみました。


今、こうして書いていて気づいたのですが、「その時に抱えていた」ということは、セッションを通して、また、その後の自分での取り組みを通して、やはり変化があったんだなあ、と思います。感謝。


りょう香さんは、終始「心地良くガイド」をしてくださるという印象でした。お話を聞いてもらっているうちに、自分でも「あれ…こんな気持ちがあったんだ、、」「その出来事のこと、自分はそんな風に捉えているんだ」と思う瞬間がいくつかあって、1人だと迷い込みそうになるところ、すっと質問をしてくださったり一緒に整理してくださったりすることで、無事に自分の中の答えに辿り着けた、という感じです。わたしの魅力もたくさん伝えていただいて、勇気が湧きました。



自分でも意外だったのが、妹とのこと。りょう香さんと家族のお話をするうちに、「小さい頃から、妹は、姉であるわたしのことが好きである」ということが浮かび上がってきて、だからこその妹の言動などを改めて振り返ってみて、一瞬で泣きそうになりました。なぜだろう。


わたしは昔から妹のことが本当に好きで好きで、夫に突然「わたしが妹のことが好きなの、ちゃんと本人に伝わっているかな?どうやって伝えたらいいと思う?」と謎の相談をするぐらい好きで、妹が作ったお弁当の写真の、妹が切ったネギとかまで愛しく思えるし、「妹 かわいい」で検索をかけたこともあるぐらい(検索をかけてどうするつもりだったのか)。


ちなみに「妹 かわいい」で検索をかけると、男性が妹という存在に対して抱いている感情をベースにした、わたしからすると「そういうことじゃないよ感」満載のページが結果に上がってきます。


お互いに両思いだということが分かって嬉しかったのかな。


あと、「もしも自分のことを愛していなければ、その人はそういうことはしていない。…そして、そういえばずっとその人はそうしてくれている=ずっと愛してくれていた」という気づき、本当に胸にくるものがある。

ずっとそこにあった愛に気づく瞬間。


ずっとそこにあった愛に気づくことができました。
そして、わたしの迷いに対して背中を押してくださったりょう香さん、ありがとうございました。



ふたださとみでした。






 

和泉りょう香さんのカウンセリングを受けました” に対して2件のコメントがあります。

  1. さとみさん、記事にして下さりありがとうございます^^

    『ずっとそこにあった愛に気づく』
    とっても素敵なことだと思いました。私も幸せのおすそわけを頂いた気分です。
    今後のご発展をお祈り申し上げます。
    ありがとうございました^^

    P.S 私も桃好きなので、ビンゴの「桃の何か」がめっちゃ気になりました^^

    1. satomi より:

      コメントありがとうございます!!

      こちらこそ、たくさんのありがたいお言葉をありがとうございました。
      ずっと大切にします。

      私も桃が大好きです。桃であれば何でもいいという感じで、幅を拡げて「桃の何か」と書いてみました^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です