こじらせ女子、勘違いをしないように頑張る

同じ時代に生きてくださっている、
大好きなあなたへ、ふたださとみです。


「未来メニューフォームー」(ドラ○もんが道具を出すときの口調で読む)にリクエストをいただくのが嬉しい今日この頃。無記名アンケート(メールアドレス記入も任意)です。

「そのメニュー名で、中身どうするつもりなの( ・∇・)」というツッコミも仲間からいただいているページ、ぜひ、メニュー名を覗くだけでもどうぞ。
中身は必死で考え中です。


前回の続きの、こじらせ女子の私が、好きな人の言動をどう受け取るかについて。

年上眼鏡男子

(外食どこに行くかを聞かれて、ひとこと)「別に、なんでもいいよ」

ふただ(20代)
眼鏡男子好き

このデートに興味ないのかな。テンション低い。

となりがちであった。絶好調にこじらせていた。


待って、

その前に、自分の気持ちはどうなんだよ?


相手のことばかり気にしているけれども。



こんな感じである↓。

どん。



私はそもそも、この状況が、とっても嬉しいし恥ずかしいんだよ!!

でもそれはとっくに家で抑圧or武装してきた。
そこは慣れている。まかせろ。

※イラストはフリー素材をお借りしましたし、実際からはかなり美化されたものです(当然)。

ふただ
(アラフォー)

この、「家で抑圧or武装してきた」っていうのはもったいないポイントです。
抑えるな。
武装解除しよう。

自分が「隠しているところ」にも魅力があると思うよ。


それでは、ここで、「相手の言動の大前提に愛があるという視点で見てみる試み」スイッチON。
吹き出しの背景ピンク。

年上眼鏡男子

(外食どこに行くかを聞かれて、ひとこと)「別に、なんでもいいよ」

ifもしも
ふただ

私の好きなものでいいのかな…♡今日も優しい…♡うっとり…♡

年上眼鏡男子

(最近の様子について、ひとこと)「仕事が忙しいんだ」

ifもしも
ふただ

不安にさせないようにそう言ってくれているのかな♡会いたいのはお互いさまだもんね♡

ifもしも
ふただ

これ…
超おめでたい奴じゃね?

ifもしも
ふただ

勘違いしていたらどうする?

ふただ
(アラフォー)

おめでたいぐらいでいいと思う。

「私」は彼が好き。
「私」は、自分に幸せを許可している。

まず「私」がそう決めて、おめでたくいるのは素敵なこと。

「相手にどう思われているか」より、
「自分が自分のこと、どう思っているか」を見つめるのが先。

こじらせると、相手のこと見ているようで見ていないし、
自分ばっかりのようで、自分のことも見ていないし。
受け取れないし、プレゼントもできていないよね。
受け取りたいし、プレゼントしたいよね?

うぐっ。
続けます。

ふたださとみでした。

勘違いしないように、頑張ってたよ。それも今思えば、愛しい。

こじらせ女子、勘違いをしないように頑張る” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。