「あなたにひそかに失恋をした男性達で『被害者の会』が結成されているかもね」

約10年前に出会った心理カウンセラーさんが、

ある時わたしにタイトルのようなことを言った。



即座にわたしは、

ない、ない、ないないないないない、
ないですそれは。
と全否定した。

ありえない。

そんなことあるはずがない。


カウンセラーさんって、相談に来た人全員にこんなこと言うのかな、

なるほど、そういう作戦か、わたしは騙されないぞ、と強く思った。


本来なら、ここで、

どういう文脈でその言葉をもらったのか、どんなことを相談していたのか

詳細に書くところだけど、実は覚えていない。

その時何に悩んでいたのか、どうしてその話になったのか、もう覚えていない。


でも、私が心の中で「もしかしたら一人はそんな男性がいてくれたかも」と思ったこと(結局思ってるw)は、結果的に私を幸せにしただろうと思う。

 

それは、シンプルに
「こんな私が好かれている可能性があることが嬉しい」から始まり、

そもそも「好かれる」って何だろう。


それを求める自分は本当は何が欲しいのかな。


あ、今、「こんな私」って言ったな、自分。

 

…と、どこまでも続く、自分を癒すためのヒントだったのだ。

現在進行形です。


その心理カウンセラーさんは今の師匠です。



明日は「クリスマスに横浜のホテルで、領収書をもらう」という


タイトルの自分謎を書きます。





「あなたにひそかに失恋をした男性達で『被害者の会』が結成されているかもね」” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です