職場の上司が頼もしくなったのはなぜ(上から目線)

同じ世界に生きてくださっている、
大好きなあなたへ、ふたださとみです。

ブログ記事の最後に貼り付け始めた「この記事いいね?ボタン」(自作)に反応してくださった方、ありがとうございます。感激…!
「いいね」ボタンだけではなく、色々な選択肢をご用意していますので、ぽちっとどうぞ。



最近は、久石譲さん作曲の「ふたたび」という曲のオーケストラ版が好き。心が空を飛べるような気がする。



さて、タイトル「職場の上司が頼もしくなった」件、万が一、この記事が職場の知り合いに見つかったら即刻削除したい…。



職場の方からもらった愛を受け取り直してみる試み①のその後、自分の心の中に湧いてきた気持ちは、


・自分が今できることは何だろう
・それをやりたくてうずうず
・組織にある「影」を見つつも、意識して「光」を見たい
・「絶対嫌だったこと」を「そういうこともアリか」と捉えていけたらな

 

といったもの。「願望」形が多いな。色々「犠牲」をしていた時の自分(その時も、自分なりに頑張っていたとは思うけれど)とはちょっとだけ変われていたらいいかなと思った(ここも願望)。


こんなに愛をもらってありがたいと思うと、「自分の中」に入っている暇はないな、とふと思ったのです。顔を上げて外へ意識を向けていきたいな、と。
割合で言うと、たとえば週5日のうち、2日ぐらいはそんな温かい気持ちを持って仕事ができればと(まだまだ少なすぎ笑)。あと3日はあたふたと仕事に追われたりしているか、後輩と一緒にお菓子を食べてほっこりしているかだな。


そして、「影」はどんな組織にもあるのかもしれないということが、30代にしてやっと私にもリアルに分かってきた。何もかも完全に美しくはいかなくて。「まあまあ…その部分は、今後、検討ね」って、それで一旦「置いておく」テーマも、必要だったんだなぁと。

20代の頃は、「あの件のあの進め方がちょっとおかしい」「あの話の持って行き方、もう少しこうした方がよかったのでは」とか、同僚とぶちぶち言っていたけれども。

それは、自分が、「自分の不完全さやできなさ」を、まだまだ色々嫌っている証だったかも、とか。


で、
そんな不完全な自分を以前よりも嫌いたくないなとか
正しさを追いかけすぎたくないなあとか
頑張りすぎたくないなあとか

 

全部願望レベルではあるものの、そんな心持ちで、再び仕事を始めた時、

ふと、とある件を上司に頼ってみたら。

「分かった。任せて。助かる。いつもありがとう」

的なご返答!!

…!!

上司さま…!!
なんか、頼もしくなってませんか?

前からこんなに頼もしかったんですか?(失礼)
もっと頼ってもよかったんですか?(失礼)

と思ったのでした。


頼もしいから頼る。
頼ったら頼もしくなる。

どっちだ。どっちもか。

 

 

「あなたは、まわりに頼ってあげていますか?」
「あなたは、まわりに助けさせてあげていますか?」

頼って「あげる」なんて…ご迷惑!
助けさせて「あげる」なんて…ご迷惑!
と思うタイプの人ほど、

「頼ってあーげーる、ふふふ♡」、と心の中で言うぐらいの軽い気持ちで。

それぐらいがきっとちょうどいい、と伝えたい、
頑張り屋なあなたへ。

ふただ さとみでした。


マクドナルドのグラコロが今年も発売されたんだよ。
我慢できないんだよ。



この記事への「いいね」「知らんがな」「続きに期待」などのボタンをご用意しています↓
ぜひぽちっと!!

↑ボタン用フォームが開きます。
自ら「いいね」ボタンを作るなんてどうなってるんだ、と思った方もぜひ、ぽちっ。
「知らんがな」ボタンなどもあります。
もちろん無記名でもポチッと可能ですヽ(´∀`)ノ



LINEにて「幸せのおみくじ」プレゼントやってます。
「今の状況にジャストな言葉がきた!」とご
好評いただいています^_^

友だち追加