「〜してくれていたのに愛を感じました(棒読み)」と夫に伝えてみた結果

ヨーグルトの「パルテノ」が好きです、
ふたださとみです。

小学生の高学年の頃から、
わたしはドラマをよく見ていました。

教師びんびん物語
に始まり
東京ラブストーリー(再放送)
ロングバケーション
愛していると言ってくれ
ラブジェネレーション
神様、もう一度だけ

などなど。

キムタクとトヨエツと織田裕二。

その中では、
「愛している」「愛してなきゃこんなこと…」などと「愛」が普通に叫ばれていました。

ちょうど、第二次性徴を迎えていた
クラスメイト同士の間では、
場面によっては、
もうドキドキしすぎて処理しきれないし、

っていうかよく分からないことだらけだし、
他の人との違いが見えてきて不安だし、
えっわたし達もドラマで見たあんな感じになるの?えっなりたい!好かれたい!、
その他、色々な気持ちがほぼ全部恥ずかしさに変換されました。

さらに、そうしたドラマを親と一緒に観た時の、親の反応。わたしの場合、愛のドラマを前にした、自分の親から伝わってくる「苦々しさ」を全部引き継ぎ…

あ、わたしの両親の「ロマンス」は、わたしが物心ついた時には既に、タイムカプセルに丁寧に入れられて、家の庭に埋められていたのでした。あくまでわたしから見て。
タイムカプセルというのがミソです。ふふ。
これはまた別の話。

そんなこんなで、
恥ずかしさと苦々しさが詰まっていることば、
「愛」。
そこに親密感への怖れなども加えて、
混ぜて焼いた結果、

本心から口に出して言うなんてとんでもねぇ

という価値観が出来上がりました。
一方で、言ってみたくもあるという気持ちもあったため、「愛」には必ず(笑)をつけて何とかごまかそうとしていました。

「愛、なーんて(笑)」。

そして30代の今のわたし。
相変わらず、「愛(笑)」という時もあるのですが、そこから少し変化(もしかして退化?)して、「愛(棒読み)」になってきたのでした。

棒読みということは、まだまだ何らかの感情にフタをしていますわね。まあそれはそれでいいのよ、わたし。と、逃げとも捉えられる姿勢でいたのですが、
ある日。


帰宅すると、わたしのスリッパが綺麗に揃えられて
履きやすいように置いてありました。
夫がそうしたようです。
おおー。
うれしいー。

そこで、

「今日帰ってきた時、玄関のわたしのスリッパが揃えられていたの、愛を感じたよ(棒読み)」

と言ってみたら。

その日から、結構いつもスリッパが揃えられている!!

ええー
こんなことになるんだー
ええー
やっぱり恥ずかしいなー
ええー
どうしよー
ちょっと怖いのでこれ以上はわたし…

というか自分で揃えなよね。脱ぐ時にね。


でも、「愛」と、口に出す時の感じが、

少しだけ前とは違ってきたような気がします。
当社比。


退職の時にもらったメッセージは、もうみんなからの「愛」としか言いようがなかったし、カウンセラーのお弟子さん仲間のこれまでの色々な話
を聞いていても、「愛」としか言いようがないし。

罪悪感や恥を超えて、思う存分「愛」と言いたいがために色々なことが起こるんだね。

この後どうなるかな。

さすがにこんな風には投げ飛ばして出かけてない。

「〜してくれていたのに愛を感じました(棒読み)」と夫に伝えてみた結果” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です